D3_経営全般

経営問題の重点管理

2012年9月 4日 18:57

経営者は、顧客管理・販売管理・生産管理等、様々な経営問題を管理しなければなりませんが、問題の重要度に応じて管理することによって効率の良い経営が行えます。

 例えば出荷額が大きい製品を重点品目とし、生産・在庫管理を行えば、在庫金額を低めに抑えながら、欠品を出さない経済的な経営を行うことができます。

不良品を原因別に分けて、その割合が高い原因に対して重点的に対策をとれば全体不良率低下の効果が上がりやすくなります。

 顧客の苦情を種類区分して、その割合が多い苦情に対して重点的に対策をとれば苦情の減少、すなわち顧客満足度向上のスピードが上がります。

重点管理に役立つ代表的方法

重点管理を行うためには、問題の重点を調査・判断する必要があり、その代表的方法に「パレート分析(パレート図)」があります。 パレート図は、例示のように縦軸に生産高(金額や数量)・度数など、横軸に品目数・不良の原因などを表示し、金額・数量・度数などの多い順に左から右へ並べます。 品目数や不良原因など横軸の数が多い場合、多くのケースで横軸の20%程度で、縦軸の累計が80%程度になり、それを重点管理の目安とします。


co_120904a.gif 

 

経営者の留意点

 自社の経営問題が重点管理できているかどうかチェックし、できていない場合は「パレート図」などで分析・報告するよう、社員に指示しましょう。そうすると自らにも、社員にも重点管理を習慣づけることができ、効率経営に役立つでしょう。

 

co_120904b.gif