C3_給与関係

平成29年度地域別最低賃金

2017年10月30日 09:22

最低賃金引き上げ額平均25円で過去最大

 平成29年地域別最低賃金改定額は中央最低賃金審議会で賃上げ額の目安が公表され、各都道府県労働局長の決定により101日より順次発令されます。


改定額を見ていくとAランクの6都道府県は目安通り26円引き上げられ、東京、神奈川に続き大阪も900円を超えました。Bランクの11府県も目安通り25円引き上げられ、三重、広島、滋賀、栃木の4県が新たに800円以上。一方Cランクは新潟が目安より1円高い25円の引き上げ。他の13道県は目安通り24円の引き上げで、北海道と岐阜が新たに800円台に乗せました。Dランクでは鳥取、宮崎、沖縄が目安より1円高い23円の引き上げで、高知、沖縄と福岡を除く九州6県が737円で並びました。


平成35年度には1000円まで引き上げ?

最低賃金は近年引き上げの流れが続いていて、時給額のみで表示されるようになった平成14年度には全国加重平均額は663円でしたが、昨年度に初めて800円を超えました。政府は全国加重平均で最低賃金3%程度引き上げ1000円を目指しており、このままですと平成35年度には1000円に達する事になり、中小企業には重い負担となってきます。


平成29年の改定額は以下の通りです。


.26円改定

東京 958円  大阪909円 愛知871円  千葉 868円 神奈川 956円 埼玉 871

.25円改定

茨城 796円 京都 856円 静岡 832  三重  820円 滋賀 813円 栃木  800円 

長野 795円 富山 795円 広島 818

兵庫 844  山梨  784

.24円改定

北海道810円 宮城 772円 群馬  783

新潟 778円 石川781円 福井  778円  岐阜 800  奈良 786円 和歌山777円 岡山 781円  山口 777   徳島 740

香川 766円  福岡 789

.22円、23円改定

青森 738円 秋田  738円 岩手  738

山形 739円 福島748円 愛媛 739円   高知  737  島根  740円 鳥取  738円長崎  737円 佐賀  737円 熊本  737  大分  737円 宮崎737円  鹿児島737円  沖縄  737