平成27年度厚労省関連 新設助成金 労働環境改善型

2015年6月23日 07:13

平成27年度新設助成金は職場労働環境等を改善した場合にも適用されるものがあります。それを紹介します。

職場定着支援助成金(中小企業労働環境向上助成金が名称変更)

 健康・環境・農林漁業の事業を営む事業主が雇用管理制度の導入等を計画(3ヶ月以上1年以内)し実施した場合に支給されます。⇒ 1制度10万円

?評価・処遇制度 ?研修制度

?健康作り制度 ?メンター制度

(別に介護事業は福祉機器導入にも助成)

また、目標達成助成として、雇用管理制度整備計画期間の終了から1年経過するまでの間の離職率を、雇用管理整備計画を提出する前1年間の離職率より低下させた時にも支給されます。

目標達成した時の支給額⇒60万円(定額)

離職率を比べて計画実施前より定着率が上がる事が必要です。

職場意識改善助成金 職場環境改善コース

残業時間の削減や年次有給休暇の取得促進を図る中小企業事業主に対して経費助成をします。対象は雇用する労働者の年次有給休暇の年間平均取得日数が13日以下であって、月間平均所定外労働時間が10時間以上であり労働時間等の設定の改善に積極的に取り組む意欲がある中小企業事業主。

対象となる取り組みは、

?労務管理担当者に対する研修

?就業規則・労使協定の作成・変更

?労働者に対する研修・周知・啓もう

?労務管理用ソフトの導入

?外部専門家によるコンサルティング

成果目標

ア、年次有給休暇の取得促進・・労働者の有給取得日数を年間4日以上増加

イ、所定外労働時間の削減・・労働者の月間所定外労働を5時間以上削減

⇒改善に要した経費の4分の3

20151015日までに計画書を提出し、承認の日から2016215日までの任意の3ヶ月間で実施。支給申請期限2月末。

アとイの目標を達成した場合は経費の4分の3、100万円(上限額)ですが片方の達成でも8分の583万円が支給され、両方達成できない場合でも取り組みを計画し、実施すれば経費の2分の1、上限67万円までが支給されます。