C2_雇用・保険・年金

高年齢者雇用継続の条件

2011年3月17日 08:32

平成184月時点の高年齢者雇用安定法

 

 企業において65歳まで雇用確保を義務とされたのは平成18年の事でした。「定年の引き上げ」「継続雇用制度の導入」「定年制の廃止等」から各企業に合ったいずれかの制度を導入する事としています。

 

しかし中小企業において、60歳定年以降の人員を雇用していく事はときに経営を圧迫しかねない要因ともなります。そこで今までは継続雇用制度を導入する際に本来は対象者の継続基準を労使協定で定めるべきところを話し合いが整わない時は就業規則で基準を定めてもよい事となっていました。

平成234月からの継続雇用対象者基準

 

 今まで就業規則だけで継続雇用基準を定めておいてもよいとしていた特別措置は234月からは中小企業においても労使協定を締結しなければならない事となりました。

 

 継続雇用制度は原則として希望者全員を対象として制度を導入する事が求められてはいますが各企業の実情に配慮して、継続雇用する人を選考する基準を労使協定で定める事は認められています。

 

 

 

継続雇用の基準は主に6

 

 厚労省が実施した調査によると再雇用基準は主に6つに分類されました。

 

?働く意志や意欲?勤務態度?健康?能力・経験?技能の伝承?その他

 

 6つの条件のうち、能力・経験については、本来は人事考課の目標基準を設け、評価点等で判断されるものですが中小企業においては制度的に人事考課を行っている企業が少なく、大局的に「働く意欲に富み勤務熱心で健康な人」という条件になっている事も多いようです。

 

 厚労省の調査によると80%以上の企業が一度退職してから、労働条件を見直して再雇用する継続雇用制度を導入していると言います。勤務形態は一般社員と変わらないという場合が多いものの一年ごとの嘱託契約で定年時の6割以上の賃金で処遇するという実態が報告されています。