問題解決策の検討

2016年2月15日 07:34

問題解決アプローチでは、「問題の因果構造分析」が終了し、問題発生原因が特定されたら、原因に対して問題解決策を検討し、その正しさを検証しなければなりません。

問題解決策の検討手順

 問題解決策の検討手順は以下の通りです。

1.業務プロセスの分解

業務のプロセスを作業の単位で分解

2.問題発生原因との対応付け

作業と問題発生原因の対応付け

3.問題解決策の検討

"DRASTIC"の視点で問題発生原因に対する解決策の検討

4.問題解決策の検証

問題解決策の正しさを実験により検証

 

この検討結果を次表で簡略に例示します。

 

[問題解決策の検討(例)]

業務プロセス

原因との対応

問題解決策(DRASTIC

1. 原材料準備

 

 

(中略)

 

 

5. 原料投入

 

 

6. 栓手締め

嵌合不十分

S:治具の使用

7. 経時でガス発生

経時でガス漏れ

 

このように、原因となったプロセスに焦点を当てて、"DRASTIC"の視点で改善策を検討します。"DRASTIC"分析の意味と活用方法は次の通りです。

[DRASTIC分析]

DDiscontinue:やめてしまう。

RReverse   :反対にする。

AAssign   :役割分担する。

SSubstitute :代替する。

TTurn    :方向・順番を変える。

IInto Pieces:バラバラにする。

CConcentrate:集中処理する。

Concurrent :並行処理する。

Combine   :結合する。

 このような検討方法は、ユニークで効果的な改善案を導き出せる場合が多いのです。 

 対策の検討目的を「工程の時間短縮」に置いて、開発工程・製造工程の時間短縮、効率化に成果を上げた事例もあります。

解決策の検証

問題解決策は実際に有効であることを検証して、はじめて完了報告や、作業標準・取扱説明書の改訂を行ない、詰めとします。

なお、クレーム対策など急がれている場合は、お詫びと中間報告等、相手を怒らせず、安心させるための工夫を要します。